きみはねこみたいなにゃんにゃんなまほう

ねこもスクリプトをかくなり

α7R4AのSDカードを選ぶ

機種は先日購入したα7R4A。初めてのフルサイズ。耳慣れなかった技術規格の用語だらけで周辺グッズを買い揃えるのもワクワクする。7年前のCanon Kiss 7からの機材更新なので隔世の感とも言う。

lightbulbcat.hatenablog.com

現在使っているのは5年前くらいに数千円で購入した SanDisk Ultra SDXC 64GB Read 48MB/s。今だったらもっとコストパフォーマンスの高いものが買えるはず。高解像度機を購入したので書き込み速度にも多少こだわりたい。撮影の旅に長々と書き込みインジケータがちらつくのは嫌だからだ。

α7R4Aのスペック

https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7RM4A/spec.html を見る。

項目 スペック
記録画素数 35mmフルサイズ時 Lサイズ: 9504 x 6336 (60M)
記録媒体 SDメモリーカードSDHCメモリーカード(UHS-I /II対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I /II対応)、microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード、microSDXC メモリーカード
スロット SLOT1:SD(UHS-I、UHS-II対応)カード用スロット、SLOT2:SD(UHS-I、UHS-II対応)カード用スロット
メモリーカード間記録モード 同時記録(静止画のみ)、同時記録(動画のみ)、同時記録(静止画動画)、振り分け(JPEG/RAW)、振り分け(静止画/動画)、記録メディア自動切替(入/切)、コピー

振り分け(JPEG/RAW)は興味があるけど、データの管理が大変になりそうなのでとりあえず保留。

用語の整理

SDカードについては規格策定団体である SD Association にとてもわかりやすくまとまっている。

SDカードの要求スペックを決める

容量

実際に撮影したデータを見たところRAWが60MB、JPGが30-40MB程度だった。なので両方保存すると100MBになる。1度の充電で500枚撮影できるらしいので、データをこまめに吸い出したとして50GB。吸い出しをサボるか、長旅だとしても128GBあれば十分そうだ。流石にスナップ的な撮影であれば解像度は落とすと思うので長旅でも64GBあればなんとかなるかもしれない。

ダブルスロットの使用感も見られるように、64GBを2枚にする体制でもいいかもしれない。その場合はとりあえずの選択肢で 64GBを1枚 買っておけばいい。

ただ動画を収めるとなると64GBでは心もとないのでやっぱり128GBは欲しい。

書き込み速度

1枚当たりの保存が0.5秒くらいで終わると「まぁ早いな」という感じで使えそう。30MBを0.5秒であれば 書き込み速度は60MB/s あればよいので V60 になる。RAW+JPGをするとなると100MBで、これが1秒で保存できれば「まぁ早いな」となりそう。100MB/s あればなお良い、くらいか。そうなると V90 であれば書き込みの最低保証速度が90MB/sになり安心となる。

SDカードを選ぶ

以上を踏まえて64-128GB, UHS-II, U3, V60で探す。

SonyのSDカード

まずはSony公式のhttps://www.sony.jp/rec-media/lineup/sd.htmlからSDカードを見てみよう。

  • 64GB 7,700円
    • U3 V30, 最大読み出し速度270MB/s, 64GBのみ最大書き込み速度70MB/s
  • 128GB 13,200円
    • U3 V60, 最大読み出し速度270MB/s, 最大書き込み速度120MB/s

  • 64GB 9,900円 / 128GB 17,600円
    • U3 V60, Read 277MB/s, Write 150MB/s

そこそこしっかり高いが、Amazonと比較しても飛び抜けて高いほどではない。 容量と速度と価格を見れば、この中ではタフ64GBが自分にとって良い選択肢に見える。 公式のものという以外にも、名前の通り耐環境性能が高いというプラスアルファの魅力もある。

SDカードメーカー

では次にAmazonで探してみよう。 まず有名どころをSanDiskしか知らないのでメーカーを調べてみる。 中国ブランドが出てこないのは意外だった。中国か東南亜製ではあるんだろうけど。

各メーカーの製品

それぞれ64-128GBのV60-90で候補を挙げてみる。

  • 64GB, 14,218
  • スピードクラス:V90
  • 最大300MB/秒の読み取り、最大260MB/秒の書込スピード

  • 128GB 5,945円
  • スピードクラス:U3, V60
  • 読み取り転送速度を最大250MB / s, 書き込みは不明(V60なので最低でも60MB/s)

  • 128GB 7,127円 / 256GB 13,067円
  • スピードクラス:V60, U3, C10
  • 最大転送速度:読込250MB/s 書込130MB/s

  • 64GB 7,180円 / 128GB 12,970円
  • スピードクラス:V90
  • 転送速度 : 読み込み最大300MB/s 書き込む最大260MB/s

書き込み速度はメーカーのカードリーダを利用したときのみの値になる場合もあるらしいので、説明欄は注意深く読まなければならない。 …と思ったけど違うな。多分手元の環境が高速なインタフェースに対応していないのに気づいていない人が怒っているケースが大半な気がする。

結論: ProGrade SDXC 256GB V60

それで結局これにした。

  • 256GB 13,067円
  • スピードクラス:V60, U3, C10
  • 最大転送速度:読込250MB/s 書込130MB/s

レビューにα7R4で使っている人もいたし。 あと室内でパシャパシャ撮影していたらすぐに数十GB使っており、128GBでも不安だったので256GBにした。 速度に不満が出れば128GBの高速なものを買って、こちらはスロット2で大容量の予備として使用する。 2スロットあるのは便利なのである。

iMac 2015 lateのスペック

メインPCであるiMacに250MB/sの速度を活かせるインタフェースが生えているかSystem Informationで確認してみる。

  • Built in SD Card Reader: 2.5GT/s=250-312MB/s
    • UHS-Iのみ対応らしい
  • USB 3.0 Bus - USB 3.1 Hub (up to 5Gbps=625MB/s) - USB 3 Port

なのでリーダーを買ってUSB経由で読めば、Read 250GB/s程度の速度は引き出せるんじゃないかと予想。

使用感

特に問題なく使えている。保存速度は速くなったが通常の撮影では数値ほどの差は感じなかった。

  • 1枚当たりの保存時間
    • RAW: 1.8秒
    • JPEG(エクストラファイン): 2.4秒
  • ピクセルシフトマルチ撮影(16枚)
    • 撮影時間: 8.8秒
    • 16枚撮影終了後に保存待ちが6枚あり、その保存に10.5秒

ピクセルシフトマルチ撮影はとても速くなった。上の数値は相当適当なものなので、そのうち動画でも撮りながら検証したい。

ReadについてはiMacのBuilt in SD Card Readerから読み込んでみたが50MB/s程度しか出なかったので、追加でリーダーを購入した。

これでRead 200GB/sは出た。とりあえずこのあたりで概ね満足している。